pickup
職業訓練指導員免許

職業訓練指導員免許

職業訓練指導員になるためには厚生労働大臣か指定する講習を受けなければなりません。

この講習は、職業訓練指導員試験とは別に、職業能力開発促進法施行規則第48条の3の規定に基づいて、「特例」として実施している講習です。

 (受講資格などの条件はありますが)以下のように、「教科の指導方法」や「労働安全衛生」、「訓練生の心理」や「関係法規」など、全ての「職業訓練指導員の免許職種」に共通する内容を「講習科目」として、「1日8時間」×「通算6日間」の合計「48時間」の全日程を受講し、最終日に実施する「確認テスト」に合格された方には「修了証書」をお渡しします。
 その修了証書と、職業訓練指導員の免許職種に対応している「技能検定」の1級や2級の合格証書などを添えて、各都道府県に「職業訓練指導員」の免許交付の申請を行っていただき、各都道府県で審査が終了した後に、職業訓練指導員の免許を受けることができます。

↑ 厚生労働省のホームページより抜粋

講習の内容について

1 職業訓練の原理
2 教科の指導方法
3 労働安全衛生
4 訓練生の心理
5 生活指導
6 関係法規
7 事例研究
の以上7つの内容を講習で受講します。

同業界での受講資格は基本、一級技能士の資格取得後に同年開催される48講習を受けて晴れて職業訓練指導員になれるという流れになります。

しかし、この一級技能士を取得するための過酷な訓練、これが大変なのです。

晴れて「畳一級技能士・職業訓練指導員」

当店、林田健一郎がやってくれました。

見事、畳一級技能士・職業訓練指導員免許の両方を取得いたしました!当店では3人目の快挙です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事