pickup
畳のミシンは優れもの!


畳の構造の組み合わせ

畳は畳表・畳床・畳縁を組み合わせて成り立っています。この3つの材料を糸で縫いあわせて作っていきます。

畳職人の手はグローブのようだった

畳専用の逢着機がない時代には手で縫っていました。実際に見た事があるという方は現代のいまは少ないとおもいますが、とにかく硬い畳を縫うのは大変です。
慣れた職人さんの手を見るとグローブの👀ように硬く分厚い手をされています。

現代では

専用の大型ミシンにて縫って作っています。縫幅もコンピューターにてしっかり制御され等間隔で仕上がっていきます。人はボタン🔳を押すだけ^_^なので、パートさんの女性でも一昔前の職人さんの作業ができるようになっているという優れもの!

生産能力

最新式の畳ミシンを使うと100枚以上の畳を作る事ができます。

が・・・・・現代は畳・和室離れが懸念されるところではあります。


♯畳♯畳表♯畳床♯畳縁♯ミシン

お問い合わせは

株式会社勝手 0957ー52ー3360

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事