pickup
【畳】稲藁サンドウィッチ畳床

貴重価値が高い畳床へ変身

本日は今や特注品と言っても過言ではない畳の芯材「稲藁」を使った畳床です。

新畳の生産も年間通して一割もないくらいに落ち込んでいる畳床の稲藁サンドウィッチ畳床。
全てを稲藁で製作することもほとんどなくなってきている貴重価値の高い畳床です。
現在は新建材といわれ、畳床のほとんどは建材畳床でインシュレーションボード(ファイバーボード)軟質繊維板といわれるものがつかわれています。

今の住宅環境を考えるとこちらの方が環境にあっているでしょう。

お問い合わせは

株式会社勝手 0957−52ー3360

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事