畳 (Tatami)

日本の文化である畳(Tatami)をご紹介!

まずは畳替の時に使う用語について勉強してみましょう。

畳のサイズ(1畳の大きさ)

◾️本間(ほんま・ほんけん)又は◾️京間(きょうま)
長さ191cm✖️幅95,5cm
長さ6尺3寸✖️3尺1寸5分
◾️中京間(ちゅうきょうま)又は◾️三六間(さぶろくま)◾️中間間(ちゅうかんま)
長さ182cm✖️幅91cm
長さ6尺✖️3尺
◾️五八間(ごはちま)又は◾️江戸間(えどま)
長さ176cm✖️幅88cm
長さ5尺8寸✖️2尺9寸

畳替えとは?

新畳 (New Tatami)

ロギーちゃん
新畳ってなに?

畳職人
「新畳」とは、畳全てを新しくする事をいうんだよ。
「新畳」は基本、畳表・畳床・畳縁の3つの部材で構成されているから、全部を新しくするんだよ。

表替え

ロギーちゃん
表替えってなに?

畳職人
「表替え」とは、既存の畳についてる表面(畳表・ござ)の畳表を新しく取り替える事をいうんだよ。
畳の土台にある床(とこ)はそのままに、畳表(たたみおもて)と畳縁(たたみべり)の二つを新しくするんだよ。

 

裏返し

ロギーちゃん
裏返しってなに?

畳職人
「裏返し」とは、既存の畳についてる表面(畳表・ござ)の畳表をひっくり返す事をいうんだよ。
畳の土台にある床(とこ)はそのままに、畳表(たたみおもて)をひっくり返し裏面を使うことになり、畳縁(たたみべり)は新しくするんだよ。
この裏返しは畳替えをしてから3年〜5年の間にするのが一番綺麗と言われているんだよ。