【畳】洋風住宅に和の空間

洋風テイストの住宅が人気である中で、「和洋折衷」といった和モダンテイストの空間も人気です

近年はリビングの一角に設ける「畳コーナー」や4畳半や6畳の「コンパクトにまとめた和室」といった住宅も多くみられます

またお客様から、やっぱり和室がないと落ち着かないといった声も多く頂きます

日本文化に欠かせない畳は、現代の住宅環境に合わせて進化しています

今回はリビングの一角にヘリなし畳を納品してきました

施工事例 

ダイケン清流カラー灰桜色

縦格子や吊押入れなど和の印象を感じることができます

また3畳ほどの畳コーナーですが、吊押入れを採用することで下部にスペースが生まれ畳コーナーを広く感じる事ができます

和紙表のメリット

豊富なバリエーションで洋風住宅にも合わせやすい

高い耐久性、カビが発生しにくく衛生的

日焼けによる変色がしにくく、お部屋を明るく保てる

施工事例

畳表替え 銀白

和室の雰囲気を変えたい方やペットなどがいるご家庭にもお勧めです

畳のことでご相談、お問い合わせは

株式会社 勝手

tel: 0957-52-3360

mail: info@katsute.co.jp

当社通販サイト

勝手商店

畳通販サイト

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

Katsute Original
おすすめの記事